高川山

更新日:2019年03月01日

高川山の写真

【山梨百名山】【都留市二十一秀峰】
登頂の容易さとその眺めの素晴らしさで、ここ数年とみに人気が出てきた山です。

登山する前に…

 登山へ行く前に必ず「登山の注意事項」をチェックしましょう。

↓↓

 富士急行線の禾生(かせい)駅で下車し、西方に向かい川茂橋を渡ったところで左折し、山沿いの道を古宿(ふるやど)地区まで行きます。ここで左の林道を辿るとしばらくして登山道となります。古宿から1時間30分程で山頂に至ります。
 山頂はくつろぐにはちょうどいい岩場になっていて、そこからの眺めはすばらしいものです。南を見ると都留市の山峡の正面に端正な富士山が姿を見せ、右に徐々に目をやると御坂山塊の山々、西に笹子雁ガ腹摺山、そのかなたに南アルプス、北に滝子山など大菩薩山系の山々、東に九鬼山、倉岳山といった上野原市に続く山並み、すぐ足元にはリニアモーターカーのガイドウェイが見られます。
 低山にもかかわらず、このように360度の大展望に恵まれる山は珍しいといえるでしょう。

(イラスト)コースガイドの地図

コースガイド(田野倉駅側)

松葉コース

 田野倉駅前の国道139号の信号を左折し、ローソンのある交差点を右折。御幸橋、その先の舟場橋を渡ると道が三つに分かれている。中央の道を直進すると四差路に指導標があります。それに従い左折し進むと寺田酒店の四差路に指導標があります。それに従い右折し進むと稲村神社に突当ります。稲村神社の案内に従い中央道高架下をくぐり、直進すると松葉コースです。
松葉コースは馬頭観音の手前が少しきつく、頂上の手前は岩場になってます。

中谷入コース

 松葉コースと稲村神社までは同じです。案内の中谷入コースの矢印に沿って進み、尾形郷土資料館の前を通過すると四差路があります。そこを右折し、中央自動車道の下をくぐると、また四差路があります。そこを右折すると中谷入コースの入口です。

コースガイド(禾生駅側)

古宿コース

 禾生駅を下り、踏切を渡って中央自動車道高架下をくぐり、直進。川茂橋を渡り、左折。200メートルほど進み案内のある三差路を右折(川茂保育園前の道)。左に浄泉寺・右に川茂保育園を見て坂を上り、三差路を右折。下って古宿橋を渡り、案内のあるゴミステーションを左折。高川橋を渡り、山道を登って行くと指導標があります。右へ行くと古宿コース、左へ行くとシラノサワコースです。古宿コースは、都留市側から登る4コースの中で最も登り易いです。

シラノサワコース

 古宿コースと山道の指導標までは同じです。このコースは起伏に富み、景色も楽しめます。山頂手前は、ロープにつかまり、岩をよじ登ります。足だけでなく腕の鍛練にもなるコースです。

リンクはこちら

禾生駅から「シラノサワ・古宿コース」までの道すがら、川茂発電所の桜と富士山がお楽しみいただけます。

富士急山梨バス

富士急行のページにリンクしています。時刻表はこちらからご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ先

産業課商工観光担当

〒402-8501
山梨県都留市上谷一丁目1番1号
電話番号: 0554-43-1111(内線)154~157
ファクス: 0554-43-5049

メールでのお問い合わせはこちら

このページへのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください