ミュージアム都留

更新日:2024年06月18日

6月18日(火曜日)は館内整理日のため休館しております。

ミュージアム都留外観の写真

ミュージアム都留は平成11年(1999)4月に開館しました。かつて城下町として栄えた都留市の歴史めぐりができる博物館です。
館内では、江戸時代から続く八朔祭りで曳き出される屋台と、江戸の浮世絵師によってデザインされた飾り幕を常設展示しています。また、江戸時代に都留市でさかんであった郡内縞(ぐんないじま)をはじめとする絹織物のことや松尾芭蕉が谷村(都留市の中心地)に約半年間滞在して句を残したことなども映像などで分かりやすく解説しています。

令和6年4月1日よりミュージアム都留は入館料無料になりました。

入館料無料チラシ

 

都留市の歴史

 都留市は城下町として栄え、山梨県東部地域の政治・経済・文化の中心として発展してきました。とくに江戸時代には、藩主の秋元氏が治水事業や織物業をすすめ、都留市は郡内縞(ぐんないじま)をはじめとする絹織物がさかんな土地になりました。
 天和3年(1683)には、江戸の大火で庵を焼かれた松尾芭蕉が、国家老の高山伝右衛門(たかやまでんえもん)に招かれ、都留に滞在して句を残し、俳諧と関わりの深い土地にもなりました。
 毎年9月1日におこなう、江戸時代の伝統を受け継ぐ八朔祭りでは、大名行列や、日本を代表する浮世絵師である葛飾北斎(かつしかほくさい)や鳥文斎藤原栄之(ちょうぶんさいふじわらえいし)などによって下絵が描かれた豪華な飾幕の屋台が巡行するなど、すばらしい伝統と文化遺産が現代まで伝えられております。

さらに詳しい都留市の歴史はこちら( 都留市立図書館ホームページ「都留市の歴史」)をご覧ください。

ミュージアム都留の活動報告

ミュージアム都留の活動報告は下記のリンク先をご覧ください

お知らせ

開催中の展示(当館の企画展)

現在開催中の企画展はありません。

次回開催予定の展示

「都留の埋蔵文化財展」

企画展チラシ

都留市には旧石器時代から江戸時代までの遺跡が104箇所あります(令和6年4月現在)。ミュージアム都留では桃園遺跡、城の腰第二遺跡・三ノ側遺跡の調査など近年行われた様々な調査において出土した土器・土偶など、多くの遺物を所蔵しています。

本展では、都留市制70年を記念し、それらの資料を多数展示し、過去から続く都留市の人々の生活や文化の魅力に迫ります。

会期:令和6年7月2日(火曜日)〜9月1日(日曜日)

入館料:無料

 

関連イベント

事前予約制 電話:0554-45-8008

メール:tsuhaku@city.tsuru.lg.jp

講演会 「新発見の墨書 「都南」 から見える古代の都留」
都留市の 「城の腰第2遺跡」 から出土した、奈良時代終末から平安時代にかけて制作された 「都南」 と記された墨書土器。「都」 は 「都留」 を、 「南」 は位置を示していると考えられますが、 そこから何が推測できるのか。 古代都留の歴史も交えながら分かりやすく解説します。
講 師 : 奈良泰史氏 (都留市郷土研究会会長)
日 時 : 7 月 7 日 (日曜日) 13 : 30 ~ 15 : 00
定 員 : 30 名

講演会「遺跡から知る都留市の魅力」
聞いたことはあるけど、 よく知らない 「遺跡」。 でも実は、 遺跡は身近なところにたくさんあります。 遺跡は、 都留市の魅力を読み解く宝箱。 「そもそも遺跡ってなに?」 「遺跡って、 私たちにどんなことを教えてくれるの?」 ということを考えながら、 発掘調査からみえてくる都留市の魅力についてお話します!
講 師 : 久保田健太郎氏 (山梨県埋蔵文化財センター)
日 時 : 7 月 20 日 (土曜日) 13 : 30 ~ 15 : 00
定 員 : 30 名

一般社団法人都留まなびの未来づくり推進機構コラボイベント
「歴史のカケラから土器をつくろう!」

学芸員と展示を見て回ったり、 本物の土器の欠片に触ったりして、 昔の暮らしを想像しながら、 オリジナルの土器をつくります。
日 時 : 7 月 21 日 (日曜日)13 : 30 ~ 15 : 30
対 象 : 小学校 1 年生から 6 年生まで
定 員 : 10 名程度
申込締切 : 7 月 11 日 (木曜日)
問合せ先 : info@tsurulabo.jp

イベントチラシ

土器や土偶のマグネット⁉
木の枝やくしなどを持ち込もう。 土器の模様付けを疑似体験してマグネットが作れるよ。
※釘やガラスなどのとがったものは持ち込まないでください。
日 時 : 7 月 27 日 (土曜日)13 : 30 ~15 : 00
定 員 : 10 名

アイロンビーズで土偶作り
アイロンビーズを用いて中谷遺跡出土土偶などをつくります。
講 師 : 中村やよい氏
日 時 : 7 月 28 日 (日曜日)/8 月 4 日 (日曜日) 13 : 30 ~ 15 : 00
定 員 : 各回 10名

イベント写真

中谷遺跡現地見学会
現在発掘作業中の中谷遺跡の現地見学会を行います。
講 師 : 鷹野あきこ氏、 河西完氏(山梨県埋蔵文化財センター)
日 時 : 8 月 17 日 (土曜日) 10 : 30 ~ 11 : 30、 13 : 30 ~ 14 : 30
場 所 : 都留市小形山 2314
本イベントについては事前予約不要です。

「谷村の遺跡を巡る」
谷村地区の縄文 ・ 奈良 ・ 平安期の遺跡を巡るツアーです。
ミュージアム都留→鷹の巣遺跡→牛石遺跡→城の腰第 2 遺跡→谷村城
日 時 : 8 月 24 日 (土曜日) 9 : 30 ~ 12 : 00
定 員 : 10 名

博学連携VRで土器をみよう
VR 機器を活用し、 土器や土偶を観察してみましょう。
協 力 : 公立大学法人都留文科大学
日 程 : 8 月 25 日 (日曜日)
第一部 : 13 : 30 ~14 : 15/第二部 : 14 : 30~15 : 15
定 員 : 各回10名

増田誠美術館(増田誠常設展示室)について

   増田誠美術館は、郷土の画家・増田誠画伯(都留市名誉市民第一号)の作品を常設展示しています。暖かみのある風景や個性あふれる人物像など、増田誠作品の魅力を十分に味わっていただければ幸いです。

現在はエントランスホールにて ミニ展示 「増田誠の描いた「顔」」を展示しています。

ミニ展示

 

増田誠写真

   増田誠画伯は、大正9年(1920年)5月24日に旧谷村町下谷に生まれ、谷村尋常小学校、旧制都留中学校(現・都留高校)を卒業しました。終戦後に北海道釧路市へ移り、看板業を営むかたわら一線美術会の上野山清貢先生に師事して画家を志しました。

   昭和32(1957)年に満37歳で単身渡仏すると、以降32年間、数々の賞を受賞するなど世界的に活躍されました。パリのさりげない日常生活や飾り気のない人物に目を向け、特に水の描写を得意としたことから「水のマスダ」とも称されました。油彩画のほかにも石版画・銅版画・特殊版画など、幅広い作品にその才能を発揮されています。画伯は平成元(1989)年に亡くなりましたが、その作品は今もなお世界中で愛されています。

利用案内

開館時間

午前9時から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)

休館日

毎週月曜日、祝日の翌日(注意:月曜日が祝日の場合は開館し翌日の火曜日は休館)、館内整理日(毎月第3火曜日)、年末年始(12月29日から1月3日)、特別整理期間(年1回1週間程度)

入館料

無料

・一部企画展・特別展を除く

アクセス

ミュージアム都留周辺地図

電車でお越しの方は、富士急行線「谷村町駅」徒歩2分。

車でお越しの方は中央道富士吉田線「都留I.C.」を出て左折、国道139号線に出て富士吉田方面へ。「谷村町駅入口、ミュージアム都留入口」看板を右折すぐ。無料駐車場10台有。

高速バスでお越しの方は「中央道都留」下車後、徒歩2キロメートル弱。

(注意)大型バスでお越しの際はミュージアム都留(0554-45-8008)までご一報ください

施設案内

施設地図

第一展示室画像

第一展示室

都留市の歴史を紹介する映像「城下町都留探訪」や電子紙芝居「芭蕉劇場」、アニメーションによる「郡内縞物語」があります。

また、八朔祭で使用される屋台とその屋台を彩る飾り幕や、平成8年に山梨県の有形文化財に指定された中谷遺跡出土の「耳飾りをつけた土偶」も観ることができます。

第二展示室

第二展示室では企画展・特別展を開催しています。

図書情報室

図書情報室では、都留市の郷土資料や関連図書のほか山梨県内や近隣の自治体史などを閲覧することができます。資料の複写は1枚10円、2週間の図書貸出も行っています。

その他のご案内

過去の企画展・特別展を振り返ります。

ミュージアム都留で行われる通年のイベント・講座情報です。

ミュージアム都留で販売を行っているグッズ・書籍・図録の紹介とご注文方法についての説明です。

ミュージアム都留の各種申請書がダウンロードできます。
ご不明な点は下記「掲載内容に関するお問い合わせ」までご連絡ください。

都留市博物館協議会の開催内容を掲載しています。

この記事に関するお問い合わせ先

ミュージアム都留

〒402-0053
山梨県都留市上谷一丁目5番1号
電話番号: 0554-45-8008
ファクス: 0554-45-8201

メールでのお問い合わせはこちら

このページへのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください