ミュージアム都留

更新日:2021年09月14日

ミュージアム都留外観の写真

【お知らせ】企画展開催期間の延長について


新型コロナウイルス感染症のまん延防止等重点措置の適応に伴う臨時休館のため、企画展「将棋駒の美-掌中にある匠の技と心」展の会期の大半が閉館となりました。

出展者およびご来館を予定していた皆様からの声を受け、1週間の延長が決定となり、9月26日(日曜日)まで開催することとなりました。

一人でも多くのご来館をお待ち申し上げております。

引き続き検温、手指の消毒、入館記録等の感染症対策にご協力ください。

 

  • 期間

   旧:2020年7月24日(土曜日)~9月19日(日曜日)

   新:~9月26日(日曜日)

月曜休館、祝日開館(翌日休館)のため、9月14日以降の休館日は下記。

休館日:9月21日(火曜日)、24日(金曜日)

  • イベント

休止したイベントにつきましても、順次開催を予定しております。

詳細は下段新着情報をご覧ください。

 

開催中の展示

【令和3年9月19日まで開催】

  • ミュージアム都留夏季企画展「将棋駒の美-掌中にある匠の技と心」将棋駒の美チラシ表仮画像 将棋駒の美チラシ裏仮画像

「将棋駒の美」チラシ表(仮)(JPEG:3.8MB)

「将棋駒の美」チラシ裏(仮)(JPEG:4.8MB)

江戸時代から昭和期にかけて活躍した名工たちによる名品が勢揃い!

将棋駒の美展示風景

貴重な江戸期の駒から近代の将棋駒の名工による将棋駒を中心とした名品を約60点展示。江戸期の清安、安清、俊光から近代駒の元祖ともされる金龍、「錦旗の駒」として知られる竹内淇洲の駒、そして明治時代~昭和期に活躍した豊島龍山や奥野一香、宮松影水などの名工たちによる作品の数々は必見です!

・江戸~明治時代初期:清安、安清、俊光、金龍、真龍、大橋宗桂、竹内淇洲ほか。

・明治時代~昭和期:豊島龍山、奥野一香、木村文俊、宮松影水、金井静山ほか。

【藤井聡太棋聖vs渡辺明名人 第92期棋聖戦第3局使用駒】

【羽生善治九段・永世七冠達成時使用の「夭折の天才駒師」宮松影水の将棋駒】

同時展示中!

将棋駒の美展示風景2

新着情報

お申し込みは0554-45-8008/tsuhaku@city.tsuru.lg.jpまで

講座名・氏名・住所・連絡先をお伝えください。

  • 関連イベント

【本格】将棋の駒彫り体験教室(開催決定)

将棋道具画像

富士駒の会による本格的な将棋駒彫り体験伊教室です。

制作した駒はお持ち帰りいただけます。

日時:9月18日(土曜日)13:30-16:00

定員:20名(9月13日現在、空有)

参加費:材料費1,000円(2枚)

 

  • 夏季刀剣講座

「刀装金工『御家彫』〜室町時代中期から江戸時代前期にかけて〜」
刀剣趣味の究極とされる刀装具の世界。刀装具研究の権威・萩原守先生をお招きして実物を通して学ぶ講座。。

日時:開催日時調整中

定員:30名

参加費:無料

 

「刀鍛冶による銘切り体験講座」

銘切り体験画像

山梨県在住の山本清二刀匠を講師にお招きして鏨(タガネ)と金属板で刀の銘切り技法を2時間半掛けて学ぶ体験教室。

日時:開催日時調整中

定員:5名【前回申込者優先】

山本刀匠に加え、ゲストで刀匠がご参加の予定です。その際は7-8名まで増員いたします。

参加費:材料費1、000円

アクセス

ミュージアム都留アクセス

ミュージアム都留アクセス

電車でお越しの方は、富士急行線「谷村町駅」徒歩2分。

車でお越しの方は中央道富士吉田線「都留I.C.」を出て左折、国道139号線に出て富士吉田方面へ。「谷村町駅入口、ミュージアム都留入口」看板を右折すぐ。無料駐車場10台有。

高速バスでお越しの方は「中央道都留」下車後、徒歩2km弱。

次回開催の展示

特別展「崇高なる造形-日本刀」図録販売について

特別展「崇高なる造形-日本刀 名刀と名作から識る武士の美学」図録(フルカラー80P)について、ミュージアム都留直販(窓口/郵送、1,400円)において販売しております。

ミュージアム都留直販(郵送)の場合はミュージアム都留までメール(tsuhaku@city.tsuru.lg.jp)にて、氏名・住所・連絡先を記載の上在庫確認のメールをお送りいただき、折り返し在庫確認のメールが届きましたら、商品代(1,400円)を現金書留にて送付いただき、折り返し送料着払いにて図録を発送いたします。システム上、大変お手数をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。

 

特別展図録中身1

 

プロによる写真撮影とデザイン。

「正宗(名物武蔵正宗)」、「長曾祢虎徹(号 蓬莱山虎徹)」などの展示刀剣・刀装具の写真、そして鉄鐔の覇者「金家」「信家」が各12枚、特に金家は表と裏の画像が掲載されるなど、資料的価値も大変高いものとなっております。

注意事項

現在、来館について規制はございません。

マスク着用や体調管理にご注意いただいた上でご来館いただきたく存じます。

下記事項へのご協力をお願いいたします。

来館のご遠慮いただく基準について

  • 訪問前の検温により37.5℃以上の発熱がある場合
  • 咳・咽頭痛などの諸症状が発現している場合
  • 2週間以内の海外渡航歴等がある場合
  • その他、味覚症状等新型コロナウイルス感染の可能性が疑われる場合

来館時の実施事項について

  • 非接触型温度計等による検温の実施(37.5℃時は入館不可)
  • 咳エチケット、マスク着用、入館時の手洗い・手指消毒の徹底

新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン

お知らせ

増田誠美術館について

増田画伯の作品を常設展示室にてご覧いただけます。

【常設展展示】

2021年6月11日より「スケッチ~彩られたフランスの情景~」として、故増田誠画伯の描いた水彩画を中心に展示しております。(2021年8月29日まで開催予定)

水彩で描かれたフランスの情景の数々をご覧ください。

次回休室のお知らせ

増田誠常設展示室は、数か月に一度展示入れ替えのため休室することがございます。

ご来館の際はご確認いただきますよう、お願い申し上げます。

募集のご案内

明治から昭和の古写真さがしています。
都留市内の風景や風習を写した明治から昭和頃の写真を探しています。お心当たりのある方はミュージアム都留(0554-45-8008)までご連絡ください。

  • ご連絡前の現物(写真・アルバム)の郵送等はご遠慮いただきますようお願いします。

利用案内

開館時間

午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日、祝日の翌日(注意:月曜日が祝日の場合は開館し翌日の火曜日は休館)、年末年始(12月29日から1月3日)、特別整理期間(年1回1週間程度)

入館料

ミュージアム都留の入館料一覧
  特別展 企画展・常設展
一般 600円(420円) 300円(210円)
高校生・大学生 400円(280円) 200円(140円)
小学生・中学生 200円(140円) 100円(70円)
  • カッコ内は20名以上の団体、及びJAF会員割引適用料金です。
  • 障がい者(障害者基本法第2条規定)ご本人及びその介護をされる方1名まで入館無料です。受付で「障害者手帳」をご提示ください。その他減免制度については下記アドレスをご覧ください。https://www.city.tsuru.yamanashi.jp/soshiki/shougaigakushuu/museum_tsuru/1351.html

 

各種案内

ミュージアム都留と都留市の歴史を紹介します。

ミュージアム都留館内を紹介します。

ミュージアム都留・増田誠美術館までのアクセスを紹介します。

ミュージアム都留で開催中の展示の内容紹介です。

過去の企画展・特別展を振り返ります。

ミュージアム都留で行われる通年のイベント・講座情報です。

都留市内を案内する「谷の町・史の里案内人」の概要と申し込みについての説明です。

ミュージアム都留で販売を行っているグッズ・書籍・図録の紹介とご注文方法についての説明です。

市内で撮影された写真を募集します。

ミュージアム都留に関連する施設・機関を紹介します。

ミュージアム都留の各種申請書がダウンロードできます。
ご不明な点は下記「掲載内容に関するお問い合わせ」までご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先

ミュージアム都留

〒402-0053
山梨県都留市上谷一丁目5番1号
電話番号: 0554-45-8008
ファクス: 0554-45-8201

メールでのお問い合わせはこちら

このページへのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください