栄養科

更新日:2019年03月26日

 患者さんへの正しい食事を計画(献立作成)し指導(健康、栄養教育)を行っています。

栄養科について

 病院のお食事は、医療の一貫として、医師の指示のもと疾病の予防・治療・回復をはかるものであり、厨房の業務とすると、臨床栄養面から、患者さんへの正しい食事を計画(献立作成)し、給与(食材の発注・管理、料理)し、指導(健康、栄養教育)を行っています。

概要
共用厨房

都留市立病院(140床)

外来透析(20床)

都留市立介護老人保健施設つる(100床)

デイケア(12名)の食事を提供しています。

食事の種類

病院の食事は患者さんそれぞれの疾病、病状に応じ調理提供され、大きく分けると一般食と特別治療食とになります。

  • 一般食
    栄養量及び食事規格は患者さんそれぞれの、性・年齢・病状等により分類されます。高齢者、成人、妊婦、授乳婦、学童、幼児、離乳期の必要栄養量による区分。流動食、3・5・7分粥、全粥、常食等 患者さんの容態にあわせ、喫食・消化吸収面を考慮した区分。
  • 特別治療食
    各疾患の食事療法の基準により分類されます。同じ病名でも病状、時期等により基準の差はありますが主なものとすると次のものになります。
    腎臓病食・糖尿病食・肝臓病食・胃潰瘍食・膵臓病食・胆石胆嚢食・心臓病食
    高血圧食・妊娠中毒食、高脂血症食等
食事
配膳時間

病院、老健 朝食 7時30分
病院5回食、延食 10時
外来、透析 昼食 11時30分
病院、老健 昼食 12時
病院5回食、延食 15時
産科、幼児、老健 オヤツ 15時
外来、透析 夕食 17時30分
病院、老健 夕食 18時

自走式冷温配膳車を使用し、適温給食に対応しています。

栄養管理の実施  多職種(外科ドクター、内科ドクター、各病棟看護師、検査技師、薬剤師、医事、管理栄養士等)による、定期的な検討会を実施し、患者さんの栄養管理計画への取り組みも実施されています。
栄養指導
個人栄養指導

 担当医師の指示依頼により、管理栄養士が患者さんと日時の調整をし実施します。指導時には本人の治療のため、食事に対する知識・意識を高めて頂くことはもとより、可能な限り家族の方にも参加していただき、予防面からも家族全体で食生活を改善して頂けるよう指導しています。

この記事に関するお問い合わせ先

都留市立病院

〒402-0056
山梨県都留市つる五丁目1番55号
電話番号: 0554-45-1811
ファクス: 0554-45-2467

メールでのお問い合わせはこちら

このページへのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください