猛毒きのこ「カエンタケ」にご注意ください!!

更新日:2022年09月21日

「カエンタケ」とは

「カエンタケ」は、炎のような形をした赤いきのこです。単一または、地表近くの基部から2から10本程度枝分かれしています。

初夏から秋にかけて、ミズナラやコナラなどの広葉樹の立ち枯れ木の地際や、倒木の近くに発生します。

今年度、市内でも「カエンタケ」の発生が確認されました。

カエンタケ

市内で確認された「カエンタケ」

みつけても、「ふれない」「たべない」

カエンタケは、毒性が強く、死亡例もあるきのこです。

毒性には、腹痛や嘔吐などの消化器系に対するものだけでなく、皮膚に障害が出るような成分も検出されていることから、触れるだけでも炎症などの症状を引き起こす危険性があります。

カエンタケをみつけても、絶対に「ふれない」「たべない」ようにしてください。

チラシはこちら

詳しくは、山梨県森林総合研究所生産科の「カエンタケに注意」をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

産業課農林振興担当

〒402-8501
山梨県都留市上谷一丁目1番1号
電話番号: 0554-43-1111(内線)151~153
ファクス: 0554-43-5049

メールでのお問い合わせはこちら