宿泊型産後ケア事業の利用及び助成について

更新日:2021年05月26日

宿泊型産後ケア事業とは

産後間もない母親と乳児が、宿泊しながら、母体の心身のケア、育児に関する相談、沐浴や授乳などの育児指導や子育て支援情報・母親同士の交流機会の提供などを受けることができる山梨県が実施する事業です。

産前産後ケアセンターとは

宿泊型産後ケア事業は、産前産後ケアセンターにて行われます。このセンターは、不安や悩みを抱える母親同士の交流を図りながら、安心感を得て、自宅での育児に向かえるような場となることを目的として運営される施設です。

(センターの詳細についてはページ下部の「健康科学大学産前産後ケアセンター ママの里」からご確認ください。)

事業の利用対象者及び利用期間

利用対象者

産後ケア事業を利用できる方は次の項目を満たす方です。

  • 都留市に住民票登録されている、原則として産後4ヵ月までの母子
  • 子育てに不安や負担感があり、家族等周囲の支援が受けられない方

 (注意)市税等の滞納がある場合、利用にかかる助成が受けられません。

利用期間

原則最大3泊となります。ただし、特段の理由があると認められる場合は、6泊まで利用可能となります。

利用料助成

市では、事業の利用者負担金を全額助成しています。助成を受ける場合は下記の申請を行ってください。

(注意)昼食代や上のお子様の利用料金など、別途実費がかかるものがあります。

 

利用及び助成の申請方法

産後ケア事業を利用する際は事前の申し込みが必要となります。
利用を希望される方は下記の「利用に関する申請書など」から申請書及び同意書を記入し、健康子育て課まで提出してください。なお、申請は妊娠中、出産後でも受け付けます。

また、助成を受けようとする方は事業の利用開始日までに下記の「助成に関する申請書」から申請書を記入し、健康子育て課まで提出してください。

申請書などはこちら

利用に関する申請書など

助成に関する申請書

産前産後ケアセンターの詳細はこちら

この記事に関するお問い合わせ先

健康子育て課子育て包括支援室子ども家庭担当

〒402-0051
山梨県都留市下谷2516-1(いきいきプラザ都留)
電話番号:0554-46-5113(内線)121・122・126
ファクス:0554-46-5119

メールでのお問い合わせはこちら

このページへのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください