軽自動車税の税金

更新日:2019年04月24日

平成28年度から軽自動車の税額が改正されました

原動機付自転車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車および二輪の軽自動車については、平成28年度より下表の新税額になりました。

軽自動車税の税額一覧表
車種 区分 現行税額 新税額
原動機付自転車 50CC以下(ミニカーを除く) 1,000円 2,000円
原動機付自転車 50CCを超え90CC以下 1,200円 2,000円
原動機付自転車 90CCを超え125CC以下 1,600円 2,400円
原動機付自転車 ミニカー 2,500円 3,700円
2輪の軽自動車 125CCを超え250CC以下 2,400円 3,600円
2輪の小型自動車 250CCを超えるもの 4,000円 6,000円
小型特殊自動車 農耕用(トラクターなど) 1,600円 2,400円
小型特殊自動車 その他(フォークリフトなど) 4,700円 5,900円

三輪以上の軽自動車で平成27年4月1日以降に新車登録された車両については、下表の新税額になりました。

三輪以上の軽自動車の税額一覧表
車種 区分 現行税額 新税額 重課税額
軽自動車 3輪で660CC以下のもの 3,100円 3,900円 4,600円
軽自動車 4輪で660CC以下のもの(乗用・営業用) 5,500円 6,900円 8,200円
軽自動車 4輪で660CC以下のもの(乗用・自家用) 7,200円 10,800円 12,900円
軽自動車 4輪で660CC以下のもの(貨物・営業用) 3,000円 3,800円 4,500円
軽自動車 4輪で660CC以下のもの(貨物・自家用) 4,000円 5,000円 6,000円
  • 新車新規登録の初度検査年月(初めて車両番号の指定を受けた日)から13年を経過した車両は重課税額となります。
  • 三輪以上の軽自動車で平成27年3月31日以前に新車登録された車両については、初度検査年月(初めて車両番号の指定を受けた日)から13年目まで現行税額となります。

軽自動車の登録・廃車・名義変更などの手続き及び口座振替者の納税証明について

 軽自動車等を売ったり、買ったり、使わなくなったりしたときには、軽自動車税の課税や損害保険金の受給など、トラブルの原因となりますので、速やかにその旨の手続きをしてください。(注意:車種によって手続きの場所や方法が異なります。) 
 毎年4月1日以前に廃車・名義変更の手続きを済まされなかった場合は、実際に軽自動車等を所有していなかったり、乗っていなかった場合でも、その年度の軽自動車税が課されることになりますので、ご注意下さい。

原動機付自転車(排気量125cc以下のバイク)、小型特殊自動車(都留市ナンバー)の取扱窓口は、都留市役所税務課となります。

 以下の手続きには、軽自動車税申告書(登録又は廃車)が必要です。市内在住者間の名義変更の場合は、登録と廃車の両方の手続きが必要となります。(注意:本人又は同居親族以外の方が手続きをなさる際には、委任状が必要となります。)

軽自動車税申告書が必要となる手続き一覧表
項目 内容 必要なもの
販売店から購入 新規登録
  • 販売証明書
市外からの転入 ナンバープレートがついていない。 
(廃車手続済車の場合)
  • 前市区町村の廃車証明書
市外からの転入 市外のナンバープレートがついている。
  • 前市区町村のナンバープレート 
  • 既存ナンバープレートの標識交付証明書
名義変更 ナンバープレートがついていない。 
(廃車手続済車の場合)
  • 譲渡証明書
  • 廃車証明書
名義変更 都留市のナンバープレートがついていて、そのまま使用する。
  • 譲渡証明書
名義変更 都留市のナンバープレートがついているが、新しいナンバープレートにつけかえる。
  • ナンバープレート
  • 譲渡証明書
  • 標識交付証明書
廃車 使わなくなったとき。
  • ナンバープレート 
  • 標識交付証明書
盗難 難届を出してある場合にのみ廃車手続きができます。
  • 届出警察署名、盗難届受理番号、盗難届出日、被害年月日(申告書に記入していただきます。)
  • 標識交付証明書
車両解体 廃車手続きをせずに廃棄処分してしまった。
  • 解体証明書
  • 標識交付証明書
車両紛失
又は譲渡
車両を紛失してしまった。 
名義変更手続きをせずに人に譲ってしまった。
  • 標識返納に関する申立書
  • 標識交付証明書
ナンバープレート再交付 ナンバープレートを紛失、破損した(再交付)。
  • 破損した場合は破損したナンバープレート 
  • 標識交付証明書

既存ナンバープレートの標識交付証明書、標識交付証明書がない場合は、手続きの際に申し出てください。

口座振替ご利用の方には、振替確認後、6月中旬に、継続検査(車検)に使用する「軽自動車納税証明書」を市から送付しております。

(注意)口座振替日から納税証明書が届くまでの間に証明書が必要な場合には口座引き落としが確認できる通帳(記帳されたもの)を税務課窓口に持参し、申請を行ってください。

車検は車検有効期限の1ヶ月前から受けることができますので、お早めに車検を受けることをお勧め致します。

軽自動車、排気量125ccを超えるバイクの問い合わせ(山梨ナンバー)

これらの取扱いは車種により異なりますので、所定の場所で手続きを行ってください。

軽自動車、排気量125ccを超えるバイクの問い合わせ先一覧
車種 取扱場所
二輪の軽自動車(125ccを超え250cc以下のバイク)
三輪の軽自動車・四輪の軽自動車
山梨県軽自動車検査協会
(山梨県笛吹市石和町唐柏792-1) 
電話番号:050-3816-3121(テレホン案内)
二輪の小型自動車(250ccを超えるバイク) 関東運輸局山梨運輸支局 (手続きについてはこちら
(山梨県笛吹市石和町唐柏1000-9) 
電話番号:050-5540-2039(自動音声案内)
この記事に関するお問い合わせ先

税務課市民税担当

〒402-8501
山梨県都留市上谷一丁目1番1号
電話番号: 0554-43-1111(内線)121・122・128
ファクス: 0554-43-5049

メールでのお問い合わせはこちら

このページへのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください