市長あいさつ

更新日:2021年05月20日

堀内市長の写真

都留市長 堀内 富久

  都留市ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。都留市長の堀内 富久(ほりうち とみひさ)です。

  私は、平成25年12月に市民の多くの皆様方をはじめ、各方面から力強いご支援をたまわり、第8代市長として市政執行の大任を担うこととなりました。公平・公正・即断即決と有言実行を信条にスピード感と積極性を重視しながら市政に取り組んでまいります。

  本市では、平成28年度から11年間を計画期間とする「第6次 都留市長期総合計画を策定し、本市の目指す将来像を「ひと集い 学びあふれる 生涯きらめきのまち つる」と定め、その実現に向け、各事業を精力的に実施しております。

  特に、この計画の中心となる「生涯活躍のまち つる」事業においては、東京圏をはじめとする高齢者等が、希望に応じて移住し、健康でアクティブな生活を送り、必要に応じたケアを受けられるまちづくりへの取り組みであり、令和元年10月に、内閣府がすすめる生涯活躍のまち事業において、全国初となるサービス付き高齢者向け住宅「ゆいま~る都留」と、地域の交流拠点施設となる「下谷交流センター」をオープンすることができました。おかげさまで、入居・申し込み状況も大変好評であり、うれしく思っております。

  今後は、都留文科大学近くに展開する「複合型居住プロジェクト」につきましても取り組みを推進し、まちの賑わいを再興させていきたいと考えております。

  また、本市の長年の課題であり、私も市長就任時に市民の皆様とお約束した、都留市立病院での産科分娩の再開を、県や山梨大学などの関係機関と協議を重ねる中で、実現することができました。市内で安心して分娩できる環境の整備は、本市の子育て環境を改善させるのみならず、東部地域全体にも好影響を与えるものであると思っております。11年振りの産科分娩再開を契機に、本市の子育て支援サービスの更なる充実に努めてまいりたいと考えております。

  この他にも、「道の駅つるを核とした地域活性化」や「セーフコミュニティへの取り組み」、「富士の麓の小さな城下町 つる観光戦略」の策定による「つる観光」の推進など、様々な事業を精力的に推進しておりますので、皆様の、ご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

市長と語る会 「ふれあい集会」 を開催しています。

ふれあい集会の様子
ふれあい集会の趣旨

 「夢かなう都留市」の早期実現を目指し、私が直接、各地域や市民グループ、大学などに出向いて重要事業の説明や皆様からのご意見を伺い、それを市政に反映させる「ふれあい集会」を定期的に実施しております。

 ご興味のある方はお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務課秘書担当

〒402-8501
山梨県都留市上谷一丁目1番1号
電話番号: 0554-43-1111(内線)200・201
ファクス: 0554-43-7992

メールでのお問い合わせはこちら

このページへのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください