放射線科

当院の装置はFPD一般撮影装置、FPD乳房撮影装置、FPD X線テレビ装置(透視)、マルチスライスCT装置、1.5テスラMRI装置、全身用骨密度撮影装置、血管撮影(Angio)装置、手術用外科用イメージ装置、病室での撮影に用いるポータブル撮影装置があります。放射線科には5名の放射線技師が勤務しており、担当検査を受け持っております。また、近隣の医療施設からCTやMRI検査の依頼を受けております。電話で検査日の予約が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

都留市立病院電話番号 0554(45)1811

FPD一般撮影(装置)検査

一般撮影検査とは、目的となる部位にX線を照射して撮影を行う検査です。

いわゆる「レントゲン写真」の事で、様々な病気の初期診断において欠かすことのできない検査の一つとなっています。

また、患者様の中には放射線による「被ばく」について気になさる方もいるかと思います。その際は、お気軽にご相談下さい。

立位撮影装置の写真
臥位撮影装置の写真
胸部のレントゲン写真

FPD乳房撮影(装置)検査

乳房検査専用のマンモグラフィ撮影装置です。当院の装置は、微細な石灰化や腫瘤の描出に優れる装置を採用し、近年増加傾向にある乳癌の早期発見及び診断に活躍しています。

実際の検査では、乳房を片方(片側)ごとに撮影していきます。また、この検査では乳房を圧迫して平らにしていく為、痛みを伴う場合があります。がんの早期発見(数ミリというとても小さな病変)の為にはとても重要な事です。当院の技師も、なるべく患者様の痛みに配慮しつつ、最良の圧迫で撮影するように心がけております。

乳房撮影装置(東芝)の写真
乳房(腺)のマンモグラフィ撮影写真

FPD X線テレビ(装置)検査

この装置は、人間の体の中を透視したように観察の出来る装置です。その為、「透視検査」と言われたりもします。また「バリウム検査」と言われている検査も、この装置を使用した検査の一つです。

検査の種類は様々で、食道・胃・大腸のバリウム検査などはもちろん、内視鏡(ファイバースコープ)を使用し、気管支・胆嚢・胆管・膵管などの検査にも使用されることがあります。また骨折や脱臼などに対し、骨を元に戻す(整復)時に使用されることがあります。上記の様に幅広い検査をすることのできる装置の一つです。

X線(FPD)TV装置の写真
X線写真

マルチスライスCT(装置)検査

CT装置の写真

当院は、一般的に撮影されるCT検査では、最小で0.5ミリメートルの全身部位データを収集することができます。そのため、高精度な臨床情報が得られます。また、長い時間動かずにいることのできない、幼児や小児の撮影を、短い時間で撮影することが可能です。救急などの全身検査に最適な装置です。

CT検査では、検査目的に応じて、副作用の少ない造影剤という薬を使用し、より診断能力の高い撮影が可能です。これにより、三次元画像(3D)も作る事が可能です。このように、CT検査では、短時間で高精度な検査を可能にした、最新の医療機器装置と言われています。

胸部CTの写真
頭部血管CTの写真
腹部血管CTの写真

1.5テスラMRI(装置)検査

MRI装置の写真

MRIの特徴の1つは、CTなどと違い、放射線による被曝のない検査です。強力な磁石(磁力)を利用して、人体の画像を作る機械です。MRIの画像は、さまざまな方向からの断面も、簡単に得ることができます。また、超急性期の脳梗塞や脳動脈瘤、あるいは聴神経腫瘍などが、診断された症例が数多くあります。腰の椎間板ヘルニアや膝の半月板、靭帯の損傷等にも有用な診断が可能です。

MRIでの血管撮影では、造影剤を使用しないで撮影する、非造影MRAという撮影が可能です。これは検査における患者様の負担を軽減しながら、血管の情報を得ることのできる撮影です。血管の形態情報から、血液の動向(動態)情報まで、より高度な診断情報を得ることが可能な装置です。

頭部MRIの写真
頭部MRIの写真
頚部血管MRAの写真
この記事に関するお問い合わせ先

都留市立病院

〒402-0056
山梨県都留市つる五丁目1番55号
電話番号: 0554-45-1811
ファクス: 0554-45-2467

メールでのお問い合わせはこちら

このページへのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください

更新日:2019年06月18日