院長あいさつ

関戸弘通院長の顔写真

都留市立病院は、前身である「都留診療所」の開設から40年以上が経過いたしました。

昨年度は、これまで経験したことのない新型コロナウイルスの感染拡大により、社会生活は大きく変化し、病院経営にも大きな影響を及ぼした一年でありました。
今年度に入り、ワクチン接種が順次進められていますが、コロナリバウンド、あるいは第4波到来も囁かれ、きわめて先の見通しが難しい状況になってきております。当院としては、これまで同様、感染予防対策を徹底し、通常の診療体制を維持していけるよう、職員が一丸となって取り組んでいるところです。

また、当院は昨年度、県から地域災害拠点病院として指定を受け、DMAT(災害医療派遣チーム)も編成することができました。このことは、当院が長年、東部地域の救急医療を担ってきた実績やスタッフの実力が認められた結果であると、大変光栄に感ずるとともに、その重責に身の引き締まる思いでおります。

時代は少子高齢化、人口減少へと進み、医療を取り巻く環境は大きく変化してきております。

当院もこれまでの急性期医療は継続しながらも、東部地域における高齢化や疾病の変化に対応できるよう、リハビリテーションや在宅医療など、在宅支援の体制を整え、皆さまが住み慣れた地域で安心して生活が続けられるよう、病院の機能を更に拡充していきたいと考えております。

 

これからも、コロナ禍における病院運営と超高齢社会に対応し得る病院へと機能転換を図りながら、親しみのある自治体病院として信頼される良質な医療の提供に努め、スタッフ一人ひとりが専門性を高めて仕事と職場に誇りが持てるよう、日々研鑽を重ねてまいる所存でおります。

引き続き、皆さまのご理解とご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

令和3年4月

都留市立病院
院長 関戸 弘通

関連情報はこちら

この記事に関するお問い合わせ先

都留市立病院

〒402-0056
山梨県都留市つる五丁目1番55号
電話番号: 0554-45-1811
ファクス: 0554-45-2467

メールでのお問い合わせはこちら

このページへのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください

更新日:2021年04月13日