病院概要

基本理念

当院では、地域の人々に親しまれ、信頼され、良質で安全な医療を提供し、地域社会に貢献し続けることを目指します。

基本方針

  • 患者様に信頼されるあたたかい心の通い合う患者様中心の医療を行います。
  • 患者様の人権を尊重し、相互理解に基づく医療を目指します。
  • 常に医療水準の向上と安全な医療を目指します。
  • 業務の改善と効率的な運営に努めます。

病院概要

都留市立病院の概要について
名称 都留市立病院
院長 関戸 弘通(セキト゛ ヒロミチ)
所在地 〒402-0056 山梨県都留市つる五丁目1番55号
電話 0554(45)1811
ファックス 0554(45)2467
施設規模

鉄筋コンクリート造5階建
建築面積 4,536.28平方メートル
建築延面積 11,013.46平方メートル
(内訳・病院 8,358.50平方メートル、老人保健施設 2,654.96平方メートル)
敷地面積 18,238.36平方メートル

沿革

昭和55年10月 前身である都留診療所開設
平成2年4月 現所在地に移転し開院(60床)
平成5年4月 55床増床(115床となる)
平成13年4月 南棟115床を110床に減床、北棟30床を増床し、140床となる
平成20年3月 分娩の休止
平成31年2月 分娩を再開
令和2年4月 一般病床10床を地域包括ケア病床10床に転換

診療科等

内科・外科・呼吸器外科・整形外科・脳神経外科・消化器外科・形成外科・小児科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科・泌尿器科・リハビリテーション科・薬剤科・検査科・放射線科・栄養科・臨床工学科

診療室等 外来診察室19室・一般病床(137床、うち地域包括ケア病床10床)・手術室(3室)・中央材料室・透析室(22床)
施設基準

【令和3年4月1日現在施設基準】

基本診療料に係る施設基準

  • 一般病棟入院基本料(10対1)3病棟 140床/急性期一般入院料4
  • 救急医療管理加算
  • 診療録管理体制加算2
  • 急性期看護補助体制加算
  • 感染防止対策加算2
  • データ提出加算1
  • 入退院支援加算2
  • せん妄ハイリスク患者ケア加算
  • 小児入院医療管理料4
  • 地域包括ケア入院医療管理料2

特掲診療科に係る施設基準

  • 小児運動器疾患指導管理料
  • 乳腺炎重症化予防ケア・指導料
  • 婦人科特定疾患治療管理料
  • 小児科外来診療料
  • ニコチン依存症管理料
  • 開放型病院共同指導料
  • がん治療連携指導料
  • 薬剤管理指導料
  • 医療機器安全管理料1
  • 在宅患者訪問看護・指導料及び同一建物居住者訪問看護・指導料
  • HPV核酸検出およびHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
  • 小児食物アレルギー負荷検査
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 外来化学療法加算1
  • 無菌製剤処理料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(2)
  • 運動器リハビリテーション料(1)
  • 呼吸器リハビリテーション料(2)
  • 人工腎臓
  • 導入期加算1
  • 透析液水質確保加算及び慢性維持透析濾過加算
  • 椎間板内酸素注入療法
  • 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
  • 輸血管理料2
  • 輸血適正使用加算
  • 酸素単価
  • 医科点数第2章第10部手術の通則5及び6(歯科点数表第2章第9部の通則4を含む)に掲げる手術

入院時食事療法費

  • 入院時食事療養(1)
常勤職員数

【令和3年4月1日現在常勤職員数】

医師18名・薬剤師4名・助産師7名・看護師87名・准看護師3名・ 看護助手1名・診療放射線技師5名・臨床検査技師6名・ 衛生検査技師1名・臨床工学技士4名・理学療法士4名・作業療法士4名・視能訓練士1名・管理栄養士1名・診療情報管理士1名・医療ソーシャルワーカー1名・事務関係職員15名

患者数

【令和2年度実績】 
 外来 98,898人(1日あたり271.0人)
 入院 28,375人(1日あたり77.7人)

新都留市立病院改革プラン

平成29年3月に「新都留市立病院改革プラン」を策定し、当院が果たすべき役割を明確にし、経営の効率化を図ってまいります。

都留市立病院個別施設計画

令和3年3月に「都留市立病院個別施設計画」を策定しました。

更新日:2022年03月29日