臨床工学科

臨床工学技士とは

生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う医療従事者であり

生命維持管理装置とは、人の呼吸、循環又は代謝の機能の一部を代替し、又は補助する事が目的とされている装置の総称です。

医療機器のスペシャリスト

業務は医師の具体的な指示を受け、診療の補助として生命維持管理装置の操作、保守点検を行う

場所は呼吸療法業務、人工心肺業務、血液浄化業務、手術室業務、ME機器管理業務

当院では血液浄化業務、人工透析業務、ME機器管理業務を行っています。また、透析業務では、清浄な透析液を安全に提供できる体制を整えています。

業務内容紹介

透析業務

人工透析とは、腎臓の機能が正常に働かなくなった際に行う腎代替療法です。

臨床工学技士は人工透析に必要な透析液の作製や、人工透析装置の操作・保守・点検を行っています。また、透析液清浄化への取り組みとして質の高い透析療法を患者さんに提供するため、透析液の水質管理を行っています。

ME機器管理

当院での生命維持管理装置、除細動器・閉鎖式保育器・血液浄化装置の保守点検を行い、安全、安心に使用できるよう努めています。

また、輸液ポンプ・シリンジポンプ・PCAポンプの保守点検も行っています。

急性血液浄化

当院は血液浄化装置を使用し、医師の指示のもと血液浄化が必要とされる症例に対し治療を行います。

臨床工学技士:4名

血液浄化作業のようす
血液浄化作業のようす

更新日:2019年06月19日