更新日:2019年11月15日

児童虐待かもと思ったら(虐待防止)

「いつも子どもの泣き声がする」「大声で怒鳴ったり、たたいたりする音が聞こえる」など、 虐待かも?と思ったら…

虐待しそうになったり、してしまった時…

親の意図に関係なく、大事なことは、子どもにとって有害な行為であれば、その行為は虐待だということです。

まずはお電話ください

  • 健康子育て課 予防担当 月~金曜日(土日・祝日を除く)午前9時から午後5時
    0554-46-5127または
    0554-46-5113(内線121、127)
  • 都留児童相談所 0554-45-7838   緊急時夜間 0554-45-7898
  • 児童相談所全国共有ダイアル 189

虐待とは?

虐待の種類の内容一覧
種類 内容
身体的虐待 殴る、蹴る、投げ落とす、やけどを負わせる、おぼれさせる、戸外へ締め出すなど
ネグレクト 適切な世話をしない、食事を与えない、病気になっても病院に連れてかない、子どもを残したまま外出する、子どもを車中に放置するなど
心理的虐待 言葉による脅し、心を傷つけることを言う、無視したり否定的な態度を極端にする、兄弟間での差別、子どもの面前で夫婦喧嘩(暴力等)するなど
性的虐待 性的関係の強要、性的行為を見せる、性的いたずらをするなど

リンクはこちら

この記事に関するお問い合わせ先

健康子育て課健康推進室 健康づくり担当・予防担当

〒402-0051
山梨県都留市下谷2516-1(いきいきプラザ都留)
電話番号:0554-46-5113(内線)121~126
ファクス:0554-46-5119

メールでのお問い合わせはこちら

このページへのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページに関してのご意見がありましたらご記入ください