更新日:2019年06月14日

熱中症を予防しよう

熱中症とは

熱さによって体内の水分や塩分のバランスが崩れて起こる障がいです。重症になると命に関わることもありますが、適切な予防法を知っていれば防ぐことができます。

こんなことで熱中症を予防

・気温と湿度をいつも気にしよう。室内を涼しくしよう。

・飲み物を持ち歩こう。水分をこまめにとろう。

・熱や日差しから身を守ろう。帽子や日傘を活用しよう。

・塩分を程よくとろう。

・丈夫な体をつくろう。睡眠をしっかりとろう。

 

どんな症状?

・めまいや顔のほてり

・筋肉痛や筋肉のけいれん

・体のだるさや吐き気

・汗のかき方がおかしい

・体温が高い、皮膚の異常

・呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

・水分補給ができない

もし熱中症かなと思ったら

応急処置 大切な3つのポイント

1 涼しい場所へ移動しましょう。

2 衣服を脱がし、体を冷やして体温を下げましょう。

3 塩分や水分を補給しましょう。

関連リンク

厚生労働省リーフレット

熱中症関連情報

熱中症予防情報(暑さ指数、熱中症環境保健マニュアル、熱中症予防リーフレットなど)

熱中症から身を守るために(気温の予測情報、天気予報など)

この記事に関するお問い合わせ先

健康子育て課 予防担当

〒402-0051
山梨県都留市下谷2516-1(いきいきプラザ都留)
電話番号:0554-46-5113(内線)121・122・126
ファクス:0554-46-5119

メールでのお問い合わせはこちら