コンテンツ一覧へジャンプ
千葉県勝浦町
トップページへ メールを送る サイトマップ
手続き・相談
くらしの情報
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップくらし・仕事産業・農業
産業・農業
次へ 最終 p. 1/3
既定
日付 検索
New!
 近年、野生鳥獣による農作物被害や生活環境への影響が拡大しています。
 被害を発生させる野生鳥獣にはイノシシ、シカ及びハクビシンなどの小動物がいますが、サルについては群れで行動しており、狙われた農地は壊滅的な被害を受けてしまうことで、農家の耕作意欲を低迷させ、耕作放棄地の発生にもつながります。
 サルは、農作物のある集落周辺に出てきた際に怖い思いをしないと、ここは安全においしいものが食べられるところだと認識して居つくようになり、さらに人慣れが進むと人間(特に女性や子ども)を見ても逃げていかずに威嚇したり、追いかけてきたりと人的な被害につながる恐れがあります。
 サルが出没した際に市へ連絡をいただくことがありますが、職員が現場に着くころには逃げてしまっていることがほとんどであるため、サルを発見した地元の方にその場で追い払い活動を実施していただくことが重要となります。
 追い払いの際には、ロケット花火を使用するのが一般的ですが、動物駆逐用煙火(火薬の量が多く、炸裂音が大きい)を使用することで、さらなる追い払い効果を期待できます。
 ただし、動物駆逐用煙火を扱う人には煙火消費保安手帳が必要となるため、市ではその手帳発行要件である「 動物駆逐用煙火安全講習会(※) 」を下記のとおり開催することとしました。
産業課 農林振興担当
 優良農地を確保するため、今後、相当期間(概ね10年以上)にわたって、総合的に農業振興を図るべき地域として農業振興地域が定められており、その地域内で集団的に存在する農地や土地改良事業等が実施された生産性の高い農地などは農用地区域(以下「青地」という。)として指定されています。
 青地に指定されている農地は、原則として農業以外の用途で使用することはできません。
 そのため、農業以外の目的(分家住宅や工場の建設など)で使用する場合には、青地からの除外が必要となりますので、青地を農地以外に利用する計画がある方は、事前相談のうえ、申出書及び必要書類を作成し、提出してください。
 なお、青地からの除外には要件があり、申出をいただいても必ず除外できるとは限りませんので、除外を希望する農地の選定及び事業の計画は慎重にお願いします。
 また、その他の農用地(白地)については、農振除外の手続きは必要ありませんが、農地転用の手続きが必要となります。
産業課 農林振興担当
都留市では、地産地消及び6次産業化の推進、有害鳥獣対策を支援するため、助成制度を設けております。
産業課 農林振興担当
【お知らせ】 
 昨年12月21日に開催されました都留第二中学校での『おもてなし講座』の模様が、CATVで3月19日(土)・20日(日)・21日(月)の午後2時30分〜と午後8時〜の1日2回(計6回)再放送されますので、ぜひご覧ください!
※「おもてなし」について約1時間とコンパクトにまとめた内容になっています。
※市民等へおもてなしの啓蒙普及を図るための目的において、CATVによる録画放映を行うものであり、放映されたものを録画し、第三者へ貸し出し、複製、転載ないし、出版などは著作権等の関係で禁止となっておりますのでご注意ください。
産業課 農林振興担当
都留市夏狩地区にある菊地わさび園の代表を務めます菊地富美男さんが、毎日新聞社主催の第43回毎日農業記録賞最優秀賞を受賞しました。
産業課 農林振興担当
 つる倫理法人会・都留ライオンズクラブと都留市緑化推進会議(都留市後援)のコラボにより、都留市上谷にある都留市楽山風致公園に桜を植樹し、都留市の新たな名所地としていく事業であります。
産業課 農林振興担当
平成27年10月21日(水)ぴゅあ富士3F大研修室にて、干し野菜専門家の講師を招き、干し野菜の作りかた等の講座を開催しました。
産業課 農林振興担当
9月16日(水)まちづくり交流センター4階大ホールにて、富士・東部保健所から講師を招き食品の営業許可などに関する説明会を開催しました。
産業課 農林振興担当
 準備会は、農業従事者・農業法人・森林組合・大学農業サークル・きらめき女性塾、また、県農務事務所職員・農協職員・商工会職員などの方々により、直売所の基本構想・計画や都留市の農業について熟議を行っています。
産業課 農林振興担当
産業課 農林振興担当
山梨県では、平成30年度狩猟免許試験(第2回)を次のとおり実施します。
産業課 農林振興担当
 賃貸料の情報を提供します。
農業委員会事務局
毎年5月中を緑の募金(家庭募金)期間として皆様に募金のご協力をお願いしております。
また、皆様からお寄せられた募金につきましては、市内緑化の推進活動や学校林の整備、自然教育活動など様々な場面で使用されております。
産業課 農林振興担当
「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律(平成22年法律第36号)」に基づく、国及び県の基本方針に則し、「都留市内の公共建築物等における木材の利用の促進に関する方針」を定め、公共建築物等への県産材等の利用促進を通じて、健全な森林の育成や地球温暖化の防止、循環型社会の形成に資することを目的とし策定しました。

※平成30年8月に一部内容を変更しました
産業課 農林振興担当
富士を目指す外国人をよく見かけるようになりました。訪日客の観光需要を、みんなの生甲斐や生業に繋げ、地域を元気にするあり方をみんなで考えたいという趣旨の市民参加型イベントです!
産業課 農林振興担当
平成28年度に「道の駅つる」をオープンし、市の農業振興(交流・販売・観光等)の拠点として整備してきました。この「道の駅つる」を地域農業振興の中心的な機能として発揮していくためには、野菜等に限らず幅広い農産物の確保が必要であるという観点から、果樹の試験栽培を開始しました。この取り組みにより農家の所得向上を図るとともに、市の魅力をさらに追及してしていきたいと思います。
産業課 農林振興担当
平成30年6月8日にRVパークつるがオープンしました。RVパークつるは、キャンピングカーや車内泊愛好家の皆様が、富士山や富士五湖をはじめとした本市や近隣の観光地へお越しいただく際に、「道の駅つる」を拠点としてご利用していただける施設となっております。本市へキャンピングカー等でお越しの際はぜひご利用ください!
産業課 農林振興担当
 農地転用許可制度は、優良農地の確保と計画的な土地利用の推進を目的としています。
農業委員会事務局
農地法等による各種申請書のダウンロードができます
農業委員会事務局
 農業委員会は、農地等の利用関係の調整をはじめ農業全般にわたる問題を農業者の創意と自主的な努力によって総合的に解決していくことを目的とした農業、農業者の利益を代表する機関として、農業委員会等に関する法律に基づき、原則として市町村ごとに設置されている行政委員会です。
農業委員会事務局
次へ 最終 p. 1/3
既定
日付 検索
産業・農業