千葉県勝浦町
トップページへ サイトマップ
手続き・相談
くらしの情報
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップくらし・仕事道路・交通地域の公共交通について
 
2017年12月20日 更新
印刷用ページを開く
地域の公共交通について
本市の公共交通の運行に関するこれまでの取り組みを紹介しています。
都留市地域公共交通会議
 この地域公共交通会議は、平成18年10月の道路運送法の改正により、市が主宰者となり、地域の関係者により、地域の実情に応じた乗合旅客運送の態様及び運賃・料金、事業計画等について協議する場として平成21年に設置されました。
 超高齢化社会への突入を前にして、車を運転できない高齢者等の移動手段の確保など、交通弱者への対策は、今後ますます重要性を増すものであり、市内の公共交通の現状に対する共通認識を深め、多くの市民の理解と納得が得られる公共交通の在り方について、多様な視点から検討することとしています。
 
 
具体的に何を協議するの?
 都留市地域公共交通会議では次のようなことが協議されます。
  (1)公共交通の利用促進及び活性化施策に関すること。
  (2)全市的かつ総合的な公共交通政策の推進に関すること。
  (3)地域の実情に応じた適切な乗合旅客運送の態様及び運賃、料金等に関すること。
  (4)その他交通会議が必要と認めること。

どのようなメンバーで構成されるの?
 上記の図のように行政、利用者、事業者の代表が集まり、都留市地域公共交通会議が開催されます。詳細は次のとおりです。
1. 住民又は利用者を代表する者
2. 学識経験者
3. 山梨運輸支局長又はその指名する者
4. 関係行政機関の職員
5. 一般旅客自動車運送事業を営む者及びその関係団体の職員
6. 一般旅客自動車運送事業者の運転者の団体を代表する者
7. 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める者


 
PDFファイルはこちら
(jyourei.pdf: 321k)
(kaiginagare.pdf: 234k)
関連情報はこちら
 地域公共交通を取り巻く環境は、人口減少やモータリゼーションの進行を起因とする利用者の減少により収益が悪化し、年々厳しさを増しています。
 しかしながらその一方で、高齢者をはじめとする交通弱者への「日常生活の足」として地域公共交通の維持や確保は、全国的に大きな課題とされています。
 本市ではこれまでも、平成24年度から平成26年度までを計画期間とする「都留市地域公共交通総合連携計画」を策定し、地域公共交通の維持を図ってきましたが、この計画が終了したことから、3年間の実績を検証・評価した上で、2期目となる新たな「都留市地域公共交通総合連携計画」を策定しました。
会議の内容はこちらからご覧になれます。
本文終わり
ページのトップへ
地域環境課 地域振興担当
〒402-8501 山梨県都留市上谷一丁目1番1号
Tel: 0554-43-1111
E-Mail: こちらから